読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テストのブログ

アクセス解析、ウェブ解析、ウェブマーケティングなどの役立つことや役立たないことを綴ります。

Googleアナリティクスでは同一ドメイン間のページ遷移で前のページにタグが入っていないと参照元がノーリファラーになっちゃうよ問題

どうもこんにちは。八方塞なサラリーマンです。

今日もアクセス解析、特にGoogleアナリティクスについてのお話ですが、内容はタイトルのまんまです。

言いたいことはそれだけなので、ここでもう終了させてもいいかもしれません。

でもそれではブログではなく、ツイッターになってしまいます。なので、だらだらと無駄な文章を書き綴ろうと思います。


ノーリファラー問題って、サイトを分析する人たちを悩ませますよね。

基本的な原因は衣袋先生の記事の通りです。

web-tan.forum.impressrd.jp

参照元なし」になる場合の例
  • ブックマークによる閲覧
  • URLをアドレスバーに直接入力して閲覧
  • ショートカットアイコンをクリックして閲覧
  • アプリケーション(メールソフト、Microsoft Word、ExcelRSSリーダーなど)に記述されたリンクをクリックして閲覧
  • セキュアサイト(URLが「https:」で始まるサイト)内のリンクから非セキュアサイト(URLが「http:」で始まるサイト)を訪問した場合
  • ブラウザの設定で参照元情報を削除してアクセスした場合
  • アクセスの際にプロキシサーバーやセキュリティソフトで参照元情報を削除されて訪問した場合
  • 参照元を引き継がないリダイレクトによる訪問

最近だと、

  • ブラウザのアドレスバーのURLサジェストでアクセスしたり、
  • スマホアプリからのアクセス

もノーリファラーの原因になるようですね。

さて、経緯は先日来、とあるサイトのGoogleアナリティクスの参照元を見ていると、やたらと「(direct) / (none)」(直接アクセス/ノーリファラー)が多いな~と思って調べていたところでした。

そのサイトは下記のようなページ遷移がされていました。

XXX.com/A.html ⇒ XXX.com/redirect.html ⇒ XXX.com/B.html
          (リダイレクト!!!)

これはリダイレクトのせいでノーリファラーになってるのかな~と思っていましたが、リダイレクトでも、JavaScriptやメタタグのリダイレクトは確かにノーリファラーになるようですが、上記のサイトではサーバー側のhtaccessで遷移しているようでした。

301リダイレクトだと、通常はリファラーが残るようですし、httpヘッダーを調べるツールなどで調べても、やはりリファラーは残っている(「XXX.com/A.html」のリファラーが残っている)ようです。

「タグが抜けてるページからのアクセスはノーリファラーになる」というページや書籍もあったので、それかな~とも思いましたが、公式ヘルプなどではそのような記述が見つからず、確信が持てずにいました。

なんとも困ったということで、頼みの綱として、「Google アナリティクス 公式コミュニティ」に質問。

www.ja.advertisercommunity.com

 いくつかのやり取りの末、やはり下記のように、同一ドメイン間のページ遷移でタグが入っていなかったためという確信が持てました。

XXX.com/A.html ⇒ XXX.com/redirect.html ⇒ XXX.com/B.html
(タグなし)  ↑ (タグなしリダイレクト)  (タグあり)
        ↑
   ノーリファラーで計測!!!

なぜわかったかというと、SEM Technologyの山田さんに

ga('create', 'UA-XXXX-Y', {'alwaysSendReferrer': true});

といった設定があることを教えていただき、そこから検索して、公式開発者ページでそのような記述を見つけたからでした。

参照 URL を常に送信
analytics.js のフィールド リファレンス  |  ウェブ向けアナリティクス(analytics.js)  |  Google Developers

デフォルトでは、トラフィック参照元の関連付けに使用される HTTP 参照 URL は、参照元サイトのホスト名が現在のページのものと異なる場合にのみ送信されます。

まあ、普通に使っていれば当たり前といえば当たり前ですが、なんとなくタグが入ってなくても、自サイトのドメインリファラーになりそうな気がしていましたので、盲点でした。

同一ドメインでもサイトの構造上、別IDのタグが入ってたりするサイトもあるかと思いますので、ご留意いただければ幸いです。

それではまた会いましょう。

 

注目記事